体質改善で加齢臭対策!


「クマザサエキス TWEBS」
http://item.rakuten.co.jp/piti/kumasuper001hk/


加齢臭対策に効果的な漢方薬と言えば、熊笹が有名です。

熊笹には優れた抗菌作用があるため、古くから、笹団子やちまきを包むために使用されてきました。

この抗菌作用が、加齢臭の軽減に効果を発揮します。即効性はありませんが、徐々に体質を改善していきます。


「ビューティーローズクリスタル」
http://item.rakuten.co.jp/world-beauty/10001041/


加齢臭などの体臭をバラの香りにするサプリは沢山販売されていますが、その中でも、私のお気に入りは「ビューティーローズクリスタル」です。

「ビューティーローズクリスタル」は、純粋なブルガリア産ダマスクスローズ100%のオイルが閉じ込められたカプセル。バラの香りが、加齢臭を包み込み、マスキングしてくれます。

ちなみに、「ビューティーローズクリスタル」は、その品質が認められ、2008年、2009年には、モンドセレクションの金賞を受賞しました。


ストレスと加齢臭・・・。一見無関係のようですが、実は、ストレスは加齢臭を助長する一因となっているのです。

皮脂腺から分泌される脂肪酸に、過酸化脂質や活性酸素が結びつくと、加齢臭の元となるノネナールが発生してしまいます。ストレスは、このうちの活性酸素を増加させてしまうのです。

加齢臭に気を遣いすぎると、ストレスが溜まり、余計に加齢臭がひどくなる悪循環に陥ってしまいます。

加齢臭は、年を取れば誰にでも発生するものです。また、加齢臭は良い匂いではありませんが、「おばあちゃんのにおい」に例えられるように、ひどい悪臭というわけでもありません。

ですから、あまり深刻に悩まず、自分磨きのつもりで、肩の力を抜いて加齢臭対策の取り組んでください。


お酒とタバコは、加齢臭をひどくする原因になってしまいます。健康のためにも、飲酒・喫煙はほどほどにしましょう。


【加齢臭とお酒の関係】

皮脂腺から分泌される脂肪酸に、過酸化脂質や活性酸素が結びつくと、加齢臭の元となるノネナールが発生してしまいます。

お酒を飲みすぎると、このうちの活性酸素が増加し、加齢臭がひどくなってしまうのです。

また、お酒が代謝されるとアセトアルデヒドという物質が発生するのですが、このアセトアルデヒドも、加齢臭をひどくしてしまいます。(このアセトアルデヒドは、いわゆる「酒臭さ」の原因です)


食物繊維には、脂肪を吸着して体外に排出する効果があります。これによって、加齢臭の原因を作る脂肪酸の発生を抑えることができます。

また、食物繊維を多く摂取できるように心がけていれば、必然的に、食事内容は低脂肪になります。脂っこい料理は、皮脂腺からの脂肪の分泌を盛んにし、加齢臭の原因を作ることになりますので、これを防ぐ効果もあります。

更に、食物繊維をしっかり摂取して、お通じのリズムを整えれば、口臭や便臭を防ぐこともできます。


【食物繊維が多く含まれている食品】

豆類(特に、インゲン豆、小豆、ひよこ豆)


年を重ねるにつれて、人間の体は酸化に対する抵抗力が弱くなってしまい、過酸化脂質や活性酸素が多く発生するようになります。

皮脂腺から分泌される脂肪酸に、この過酸化脂質や活性酸素が結びつくと、加齢臭の元となるノネナールが発生してしまいます。

つまり、加齢臭を軽減させるためには、酸化に対する抵抗力を強くすれば良いんです。そのためには、抗酸化作用のある食品を積極的に摂取するようにしましょう。


【抗酸化作用のある食品】

お茶(カテキン、タンニン)