正しいシャンプーで加齢臭を防ぐ


頭皮には、顔の倍以上の皮脂腺が存在しています。つまり、頭皮は、加齢臭が特に強く発生する場所なのです。

更に、その頭皮から生えている髪の毛は、周囲の臭いを吸収し、それを長時間保つ性質を持っています。髪が長いと、それだけ沢山の臭いを吸収してしまいます。

自慢の長い髪が、強力な加齢臭を吸収し、周囲に拡散させているとしたら・・・(>_<)そんなことにならないためにも、頭皮のケアはとっても重要です!

頭皮のケアと言えばシャンプーですが、とにかく強力なシャンプーを使ってゴシゴシ洗えば良いというわけではありません。加齢臭を防ぐために、正しいシャンプーの仕方を、しっかりマスターしましょう(*'∀')b


【使用するシャンプーは・・・】


頭皮の健康のためには、ある程度の皮脂が必要です。強力なシャンプーで頭皮の皮脂を全部洗い落としてしまうと、頭皮を痛めてしまい、抜け毛やフケの原因になってしまいます。

特に、年齢が上がるにつれて、頭皮の皮脂は不足しがちになるので、加齢臭対策には、頭皮の汚れを優しく洗い流す、刺激の少ないシャンプーを使いましょう。

加齢臭対策の専用シャンプーも発売されています。(詳しくは次項で⇒)


【洗い方のコツは・・・】

シャンプーの際には、髪ではなく、頭皮を洗うようにしましょう。くれぐれも爪を立てないように、指の腹で、やさしくマッサージします。


【洗った後は・・・】

お風呂上りには、髪と頭皮をきちんとドライヤーで乾かしましょう。自然乾燥は、髪を傷めるだけでなく、頭皮が脂っぽくなって加齢臭を助長する原因になります。

また、髪の毛が痛んでいると、臭いを吸収する力が高まってしまうので、トリートメントなどでのヘアケアも忘れずに(^0^)